糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

beyerのハウジングにsennのドライバユニットをぶち込めば・・・

beyerのハウジングにsennのドライバユニットをぶち込めれば完璧なヘッドホンが出来ると思うのににゃ~


ベイヤーのヘッドホンの構造と癖のない音は管理人かなりお気に入りなんだけど、如何せん、余り音像定位が良くない気がする。
これは恐らく、振動板の設計が鮮度と解像度重視で割れ易いからだろうと考えている。

対してゼンハイザーはなんとなくスピード感とキレが鈍い感じがするのが、音像定位がバツグンに良い。
これはダイアフラムを見てもらえれば分かるように、振動板の歪みを抑える為に特殊な「溝加工」を施してあるかららしい。

コレについて後に書くとして―ベイヤーのヘッドホンの癖の無さとこのゼンハイザーのドライバユニットの特徴を合わせることが出来れば素晴らしいヘッドホンが出来るに違いない!

ところが残念。
ライバル企業で、対照的とは言わないのが設計思想がかなり異なるらしいので、今後も管理人好きのするモデルは出そうにない。


現状でどちらかのメーカーを選択するとしたら・・・どっちするだろ?
分かんねーや(笑)


ヘッドホンメーカーではどっちも好きだわ。


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。