糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「神機」EC700Tiへの愛を語るコーナー

audio-technicaのATH-EC700Tiよりも音が良いと感じるダイナミック型ヘッドホンをおれはしらない。

オーバーヘッドも含めて、管理人が聴いてきたヘッドホンでEC700Tiの右に出るものはないかな?
こやつはズバ抜けて定位感が良いし、音色も非常に綺麗。

何が良いのかと考えると、第一に小口径であることと、その振動板の組成の良さだろうと。

オーテクのイヤホンは特殊なボイスコイルの引き方をしている(全部じゃない)というのは振動板のカテゴリで説明したけど、そのお陰だろうが、低域からハイミッドにかけて音像定位がバツグンに良い。
スマートな音像がピシャリと張り付いていて、非常に安定感がある。
ともすればなんか分離が良すぎて、曲によっては空間が開き過ぎるエリアが出てくるぐらい。
それぐらい定位が良い。
EC700Tiよりも定位の良いイヤホンなんて無いんじゃないか?

第二には、ハウジングの制動性の良さだろうと。
ハウジングがチタンで尚且つ、口径がヘッドホンに比べて小さいから、共振とかが起こり難いんだろうと思われる。
Sennheiserのインナーイヤーも良い線行ってるけど、プラスチック製のものが多く、モノによっては音の端々で「臭い」ものがある。
EC700Tiは打撃音の定位も良いし、制動感も良いから、何か音に芯が在って、15ミリ程度ながら、ガツンとした締まりの良いアタックが気持ち良い!


まあ、解像度はフツーに高いと感じるぐらいなのが、定位感の良さと、付帯音の少なさでEC700Tiは唯一無二の素晴らしい音を実現していると思う。


残念ながら後継機はEC700程良い感じがしないし、こんなスバラシイイヤホンを廃盤にするオーディオテクニカの神経が良く分からん(笑)
中古かオクで見かけたら、直ちに管理人にテレパシーを送って伝えるように(笑)


[ 2011/10/23 16:34 ] audio-technica ATH-EC700Ti ☆☆☆☆☆ ♥ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。