糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

音色(3)・・・ミッドバランス

音色続き。


四音域法というのが分かって貰えたと思うので、その醍醐味ともいうべきミッドバランスという概念について説明。。



●ミッドバランス
中域を二つに分けてやることで、新しい音の捉え方が可能になる。

それが「ミッドバランス」。

ミッドバランスというのはローミッドとハイミッドの微妙な周波数特性の段差で生じる音色の変化を捉えたものである。


ハイミッドに対して、ローミッドの音圧が高い場合、全体音色は陰気で湿っぽいものになる。
lowmid-balanced.jpg
例えば、ベイヤーダイナミックのヘッドホン(特にDT880)のような。
これら「陰気だ」とか「暗い」とか印象を持つヘッドホンというのは周波数特性上、200Hzから1kHzの音圧の総和が、1kHzから5kHz台の音圧よりも高いことが確認出来る。

つまりこれを「ロー・ミッドバランス」と管理人は呼ぶ。

逆にローミッドに対して、ハイミッドの音圧が高い場合、全体音色は明るく、明瞭度の高いものになる。
highmidbalance.jpg
例えば、Etymotic ResearchのER4シリーズのような。
これら「明るい」とか「明瞭だ」とか印象を持つヘッドホンというのは周波数特性上、1kHzから5kHzの音圧の総和が、200Hzから1kHz台の音圧よりも高いことが確認出来る。

つまりこれを「ハイ・ミッドバランス」と管理人は呼ぶ。




●ミッドバランスの重要性

本来「中域」というのが、ひとくくりにされていて具体的に語られず、低域が出るとか出ないとか、高域の延びが良いだとか悪いだとかいうハナシばかりに始終しておったようなのが、実はユーザーがヘッドホンの印象を決める最も重要な要素は、実は中域にあるのではないかと思う。

一般的に相対ローミッド量が多い機種は音色が暗く、不明瞭であると烙印を押されて忌避されがちである。
(注意しなければならないのはコレは解像度的なものでないということ)
最近のアップテンポな音楽を聴くユーザーが多いのか、ULTRASONEのような管理人にとったら「こりゃ不自然」と感じざるを得ないような不自然なハイ・ミッドバランスの機種が好まれる傾向にあるような気がする。
管理人は少し温かく、湿っぽい音色の方が好きかもしれない。

かといって、管理人かて、何本か持ってるような古い紙振動板のヘッドホンのようなローミッドよりのカマボコというのも不自然過ぎて、ちょっとこれは・・・。

後に記事にするかもしれないのが、ミッドバランスは原則、ハイ・ミッドバランスの方が中域音像の定位(音の分離)が良い。

そういうことも考慮に入れると、管理人的にはバランスの良い方が好ましいかという風になってくる。

かのように、中域のバランス(篭度・明度比率)によってヘッドホンの第一次選考が行なわれた上で、低域が出るとかいう言わば「量的な」第二次選考の段階に至るのが普通ではないかと。
中域というのはもっと重要であるはずの音域である様に思う。


●バランスは整えるものである。
先にヘッドホンの中域はフラット気味なのが良いかにゃ~?とかいったのが、これは聴く限りにおいてそうであれば良いというもの。
ヘッドホンの素の特性がどうだろうと、イコライザを使って自分の好みのバランスに整えるということが出来ればそれで良い。

それが出来ないと「このヘッドホン気に入らない」「あのヘッドホン気に入らない」といった具合に、何でも受動的に与えられたヘッドホンの音色批判ばかりしておって、自分の好みに合わせようとしない怠惰な音色批評家になってしまう。
例えば、イコライザを使いましょうというと、「音が歪む!ダメだ!」だとか言っておいて、結局そんな解像度的要素はなんら聞き分けられず、始終ヘッドホンの音色に不平ばかり言っている、それ即ち糞耳。

・・・とにかく、ヘッドホンの音色というのは高域に行くほど困難になるように感じるのが、低域と中域のバランスぐらいは自分の好みに整えるぐらい、腰を持ち上げるのは当然ではないかと思う。
そうしないといつまで経っても好みの音には出会い難いだろうと。


(つづく)


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。