糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サウンドハウスでEtymotic Research ER4-PT取り扱い開始

サウンドハウスでEtymotic Research ER4-PT取り扱い開始。




ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER-4P/T

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER-4P/T
ポータブルオーディオでも十分な音量を鳴らしてくれるよう、低インピーダンスに設定。ETYMOTIC RESEARCH最高峰のサウンドをiPodやiPhone、その他ポータブルオーディオで存分に堪能することができます。フライトアダプターが付属、飛行機の中でも最高峰のサウンドを楽しむことができます。


「T」は恐らく「Travel」の意味であって、ER4シリーズの所謂「フライトモデル」だと思われる。
ER-4Pのセットにフライトアダプターが付属する。

加えて周波数特性の測定結果がサイン入りで同封されるらしい。

それ以外の違いは無いらしい。

サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>カナル型>ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER-4P/T





また、同じくEtymotic Researchのキッズモデルもサウンドハウスで取り扱い開始。
その名もETY-Kids。

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / EK5
ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / EK5

Sound heard through ETY•Kids earphones will not exceed safe levels, so parents can rest easy. Even at the maximum volume setting on portable players, kids can listen safely for up to four hours per day. And because ETY•Kids earphones block background noise, and provide high-definition sound quality, kids will be able to hear every detail, and won't complain that the volume is too low.
(ETY-Kidsを通して聞かれる音は安全な音量を越えることがありません。なので、親御さんは安心です。例えプレーヤーを最大音量にしても、お子様は一日四時間までなら安心して使用出来ます。またETY-Kidsイヤホンは環境音を遮断し、繊細な音質を提供します。その為、お子様は低い音量でもマンゾクして、すべての細かな音も聞き取ることが出来ます。)

驚くべきはインピーダンスで、なんと300Ωもある。

≪スペック詳細≫
Frequency Response:20 Hz - 15 kHz
Accuracy Score:85+%
Transducers:Reduced-output 6-mm neodymium moving coil driver
Noise Isolation:35-42 dB
Impedance (@1 kHz):300 Ohms
Cable :4 ft with 3.5 mm plug
Warranty:1 year
CUSTOM•FIT Option

これだとボリュームを無理に上げようと思っても上がらないから、安心ということらしい。

デザインがmc5とソックリなのが、ドライバ直径がmc5が8ミリに対して、EK5は6ミリであり、ハウジングの直径も子供の耳にあわせて若干小さくなっているらしいことが考えられる。
価格もmc5よりも抑え気味。

サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>カナル型>ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / EK5


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。