糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひとりごと 2011/11/16

HD600や650は良いヘッドホンだと思うが、好きじゃない。

音色(この際は「ねいろ」)が不自然に丸いというか、打撃音にキレがなく「トゥォーン!」って感じになるのが気に食わない。

管理人はゲームとかするんだが、銃声とか聞いてみれば何か「バン!バン!」じゃ無くて先のように「バトゥォーン!バトゥォーン!」ってなるのが、不自然で使ってられない。
ゲームだけでなくて、良く聞くのではクラシックでもロックでもテクノでもピアノソロでも、或いは映画でも爆発音が柔らかすぎる感じ。

たぶんドライバユニットから、ハウジングまで制動性低い素材(カーボン?)で作られてるからだと思う。
妙に音を和らげるというか、煮込み過ぎだ。

独特の音はオーディオ製品として最高に面白いと思うが、汎用性が低いと思う。

管理人としてはもっと無機質な音が好みだ。


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。