糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひとりごと 2011/11/19 

バヤイ。
ピュアの入り口が見えてきたかもしれない。

この前「HD650は剛性が低いからダメだ!」とか書いたけど、じゃあどうするかというと、制振性を高める為に徹底的にハウジングの剛性を高めるべきだという結論に達した。

気付けば俺が今まで素直に音が良い(「綺麗な音」)と感じたヘッドホンはどれも剛性が高かった。
(EC700Ti然り、CKM70然り、ベイヤーのDT三兄弟とかも)

もっとも、前提としてドライバユニットの組成が良いというのが条件だけど。

それと徹底的に構造を単純にして、余計な音が音色にへばり付かないようにするだとかも極めてだいじだ!

剛性高く― シンプルで― 小型のものが― 最も良い!


なんか、ハウジングに鉄板でも貼りたくなってきた!(←危険信号)


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。