糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

振動版(6)・・・屈折型ワイヤー接着振動板

振動版(6)。


接着型タイプについて付け足し。


接着型には次の二種類がある。


『最短距離接着型』
saitannkyori_seccyakugata.jpg
これは図のようにドライバユニット裏から廻って来たコイルワイヤーが導入部からコイルに直線的に搬入されるタイプ。
この場合振動板全体に占める接着面積が少なく、まだ音へと与える影響が少ないと考えられる。


続いて、

『屈曲搬入型』 (赤はワイヤー、薄い青は接着剤)
kussetugata.jpg
このタイプはコイルワイヤーを搬入部から最短距離でコイルへと向かわず、振動板の外延部を暫く這った後でコイルへと向かう。

何故こんなワケの分からんことをするのか?
接着面積が増えれば振幅が阻害されるのは目に見えている。

それはどうやらワイヤーを接着するのと同じ、強度を高める為であるらしい。
なんで長く這わせるだけで強度が上がるのか良く分からんのが、そういうことらしい。

実はこの振動板の種類については、かなり以前海外のサイトで本物と偽物を判断するのに用いられあったのを覚えていたので持ち出した。
確か「本物は強度を挙げる為にコイルワイヤーを屈曲させて搬入しているが、偽物は真っ直ぐだ―」というニュアンスで語られてあったようにおもう。

実際に管理人は色々なメーカーの振動板の写真を集めて見てるが、意外にも屈折型が多いのに驚く。
AKGの安価なポータブルモデルや、Victorや、接着型が定番のソニー、audio-technicaなど、高級機には少ないが、安価な機種に信頼性を持たせる為か、良く見かける気がする。

何度も言うのが、接着面積が増えれば増えるほど振幅が歪み、音が歪む。
余程耐久性を重視しない限り、出来るだけ屈折型・・・というか接着型振動板モデル自体、選択しない方が良い・・・かも知れない。



トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。