糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひとりごと 2011/12/07

SRH1840?

興味ないね~。
構造図見れば見るほどびっくりするほどSennheiserにソツクリ…
バッフルのポートの配置、振動板前面の音響フィルター、ドライバユニットの形…
しかも振動板でSennheiserの勝てるとはとても思えないから、結局「劣化HD650」ぐらいの印象で終るんじゃないか?
HD650より良さそうなのはハウジング剛性ぐらいじゃん…
まあデザインも恐ろしく好きだけどね…デザインで買うほど素人じゃない。

AV-watch見ると周波数特性載ってたけど、低域寄りで暖色系のHD600シリーズとは対照的に寒色系の音らしい。
高域の音圧が上がっていて結構荒れてるようにも見える。
鮮やかな音がなりそうなんだが、刺さるだとか言う声が聞かれそう。
低域が抑え気味で高域が荒れてくると落ち着きの無い不安定な音に感じ易くなるから、その辺どうなんだろ?

値段も見ると7万円前後ってHD650二本買える値段だから、評価得るのは難しいんじゃないか…

管理人はスルー。

トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。