糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独言 2011/12/11

そういや、試聴に行った際にK550も聴いた。

しかし、BA一通り聴いた後だったからモッサリした音に聴こえた・・・。

なんか50ミリでハウジング容積も小さいので、もっと打撃音が弾むのかと思ったら全然弾まない・・・。
恐らくバッフルのポートの面積をかなり小さく取ってあるのか、或いはポートすら無いのかもしれない。
そういう感じの抑圧の効いた低域だった。
これをイヤパッド外して確認しようと思ったら、かなりしっかり嵌っていて破ってしまいそうだったので諦めた。
低音が出ないものの、ポートが小さいとハウジングの反射音が乗りにくく、比較的クリーンな音に聴こえるもんだが試聴ではそこまで聞き込めなかった。

ただやはりSHUREのSRH750DJに似た印象の音であったように思う。
音の躍動感が少なく、滑らかな波を立てるような音というか。

音の分離はあまり良くなかった。
ミッドバランスが少し低域寄りかと言う感じで、少し暗めの落ち着いた印象の音色だった気がする。

装着感はやたらデカイパッドの影でバツグンに良かった。
耳全体を完璧に覆い尽くす感じで、「これだけキッチリ装着できたらもっと低音出るだろ?!」って感じなのに・・・出ない。
ただ、AVwathch見ると低いところまで延びが良いというようなことが書かれてあった気がする。
もっと静かなところで聴いて見ないと分からないか。

低域はイコライザで叩き出せればそれでいいんだけど、その際やはりドライバユニットの作りが気になる・・・。

まあなんていうか、見た目ほど良く出来たヘッドホンではないようだと感じた。


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。