糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

50mミリドライバのヘッドホンがほすぃ

50mミリドライバのヘッドホンが一本欲しい。
基本的に迫力よりも定位の良さを優先するから、低音は度外視するんだけどそれでもたまには大口径ドライバでズンドコ鳴らしたくなる。

50ミリドライバのヘッドホンは今まで何本か購入してきたけど、どれも気に入らず全て売ってしまって手元にない。
DENONのD2000はかなり良かったけど、気付いたら手元からいなくなっていたという・・・。
買い戻すという手もあるけどそれじゃなぁ・・・。

そもそもAKGのK550がいいんじゃないかといってたのに、あれじゃ低音叩きだせそうにない。
完璧に押さえ込まれている。
audio-tecnicaもそうだけど、なんで50ミリドライバとか使いながらあんなスッカスッカな音にしてるの?と。
もっとこうズンズンいわしてだね、ドンシャリで十分に迫力のある音出して欲しいね。
音作りが消極的なんだよね。
大口径のメリットのマの字も感じられないさね。
イコライザでバランス整えられない素人相手に会わせてるからか。
ドライバが泣いてるよ。

出来ればゼンハイザーが出してくれりゃありがたいんだけど、ゼンハイザーは定位重視であって大口径嫌いらしいからとても出そうに無い。
あのAKGすら出したのに・・・(いやもしかしてライバル意識燃やして今後出したりするのかしら?)

あとソニーのSAシリーズが生産中止になったらしい。
後継機に開放型の50ミリで何か出すかもしれないから注目している。
出来ればMDR-F1を大口径化して、あの安っぽい質感をどうにかしてくれりゃいいのに・・・。
それもなかなかしてくれそうにない。


結論いえば、何買えば良いのか分からない状態。。


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。