糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

XBA-1 鳴らし込み完了

いつも通りモノラル変換したダンステクノで鳴らし込みをした。
200時間。


SONY XBA-1
DSCN1385.jpg
まあ相変らず、なんと瑞々しい音が鳴ってることか!
「ボーカルに艶がある」という言い方をされる人がいるけど、恐らくこういう音のことを言うんだろうと思う。
非常にウエットで、カサカサした感じがなく滑らか。
女性ボーカルや、エレキギター、ピアノが笑っちゃうぐらい綺麗に聴こえる。
低域や高域が大人しく、お陰で凹凸感が少なく、流線的に流れるように聴こえる。
なんだか音域が狭いことでかえって聴き易い良い音色にまとまってる感じ。
下手に弄らずイコライザ無しでも気持ちよく聴けてる。

また頭内/頭外バランスが良い。
低域が出過ぎないお陰で、音の重心が頭内に偏らず、内外密度の均衡が取れている。
XBA-2なんかだともっと閉鎖的に篭もって聴こえるはず。
さらに上位機種だと折角の聴き易い音色が台無しになるし。
やっぱり、XBA-1で良かったなぁと思う。(おれの判断に間違いはなかった!)

単に耳に合ってるだけかもしんねーけど、非常に気に入ったね。
皮肉なことに解像度の高さとか、癖の少なさ、この前買ったEX800STとかと比べ物にならないぐらいに優れてる。
値段も貧乏な管理人にはちょうど良いし。
音漏もしないし、目立ちにくいし、デザイン良いし、新しい外用イヤホンに採用しようと思う。

あとこのイヤホン、外装とかケーブルの質ダウンしたりして、ウォークマンとかケータイみたいなポータブル機器の付属品にしてもいいんじゃねーかと思う。
それぐらい完成度が高いイヤホンだと感じるのだが、どうだろうか?
迫力が無いとやっぱり一般ウケしないかしら…?
電子辞書とかにはいいと思うんだけどなぁ…(ソニーって電子辞書作ってたっけか?)
今後のシリーズ展開にも期待してる。


[ 2011/12/19 15:03 ] Sony XBA-1 ☆☆☆☆☆ ♥ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。