糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独言 2011/12/24

AKG K550と、ULTRASONE PRO550型番の「偶然の」一致について。


AKG K550
http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/500/763/akg12.jpg


ULTRASONE PRO550
CA3C0035.jpg
CA3C0039.jpg
どうです、ソックリっしょ?
K550が出た時「550?どっかで聞いた型番だニャ~」と思ったよ。
これたぶん偶然の一致じゃなくて、供給メーカーのドライバユニットの型番から名前をとってるんじゃないかと思う。
どこのメーカーか知らないけど、例えばSPK550って名前のスピーカーユニットがあったとするとそこから型番とって、AKGはK550、ULTRASONEはPRO550という具合になったんじゃないか???

先のつれづれさんのブログのK181DJとも比べてほしい。

AKG K181DJ
http://turedure4410.blog32.fc2.com/blog-entry-1043.html

端子プレートなんかまでソックリだからこれらのモデルは兄弟のようなもんだと思う。

DJ1PRO、HFI-580もそうだと思う。
全く同じじゃないと思うけど、全く同じだという可能性もある。
したらば、K550のウリの一つアルミボイスコイルという特徴まで共通かもしれない。

もっともスピーカーなんてエンクロジャーの構造で音が決定する部分が大きいから、同じドライバユニットだからって、音はかなり違ってくると思う。
しかし、解像度とか、定位特性なんかはかなり似てるんじゃないかと思う。

K550、PRO550、HFI-580、DJ1PRO、K181DJ…他にも有るのかも知れないけど、これらの機種に興味がある人はこれら他のモデルの音も聴いてみたら面白いかもしれない。


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。