糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Takstar HI2050

フジヤエービックでTakstar HI2050というヘッドホンが紹介されていた。



Takstar HI2050
20113311384136666.jpg
DT880にそっくりだし、音も良さそうで幾らかと思ったら7000円ぐらいとな。
メーカーは中国。

TAKSTER HP > ABOUT US
http://www.takstar.com/eng/about.asp

「何処のテーマーパークだよ…?」
面白い社屋だな~。
1995年設立の新しいメーカーか。

ヘッドホンは10機種ぐらい出してるらしいのが、どれ見ても「どっかで見たことあるような…」という感じ。

TAKSTER HP > Headphones
http://www.takstar.com/eng/hotproductsclass.asp?CID=A08

やっぱり以前話題になった何処ぞの遊園地が思い浮かぶのね…(苦笑)

本体デザインはbeyerdynamicに「似てる」けど、実はドライバユニットはaudio-technicaにそっくり。
調べるとどうもコレaudio-technicaのATH-AD500と非常に良く似たドライバユニットをしているらしいと分かった。

soomal.com>得勝TAKSTAR HI2050頭戴式耳機 圖集
http://www.soomal.com/doc/20100001322.htm

ホーム > 家電 > ヘッドホン・イヤホン > オーディオテクニカ > ATH-AD500 > 画像1
http://review.kakaku.com/review/20461510045/ReviewCD=340501/ImageID=28380/


実はAD1000のドライバなんて入ってんじゃないかな~とか期待したものが、そういうことは無かった。
恐らくこのHI2050はaudio-technicaのAD500相当の機種と考えて良いんじゃないかと思う。
価格もちょうど同じぐらいだし。

ハウジングの作りがDT880と「丸か楕円か」という違いぐらいしかなくて、内部の吸音材から、振動板前面のフェルトイコライザまで完璧に類似している。

「パクリ」というと言葉が悪いのが、beyerの構造は好きだから、そういうとこ真似するのは一向に構わない。
(おれっちパクられる側のメーカーの人間でもないし)
まあ、DT880と同じで非常に癖の少ない綺麗な音が鳴るんでないかと思われる。

他にも密閉型のPro80、下位開放型のTS671というモデルもフジヤさんで取り扱いを開始するらしい。
管理人は買うつもりはないが、個人的に結構「アリ」なヘッドホンではないかと思う。


FUJIYA AVIC ONLINE SHOP

Takstar HI2050
Pro80
TS671



トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。