糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

100円 ボリュームアンプ ZY-96 

100均で面白そうなもの見つけて来た。


丸七株式会社 ZY-96 ボリュームアンプ
DSCN1392.jpg
単四電池二本で作動する(ポータブル)アンプ。


本体
DSCN1395.jpg
55×55ミリ。
本体の上にラジオみたいなボリュームコントローラー兼電源スイッチが付いている。
写真右下の穴は出力用のミニジャック。

で、入力はというと…。


入力プラグ
DSCN1400.jpg
!?
ミニプラグだけこれ、モノラル用じゃん!!!

はっ?と思ってパッケージ裏を見ると…。
DSCN1398(2).jpg
この商品はモノラル仕様?
おいちょっ待てよ!!
表パッケージみても・なこと書いてねー…
DSCN1416.jpg
書いてあった。
しかしだね、これじゃあダメだろ!?
デカデカとモノラルアンプ!って書いとけよって。
何が「ステレオ機器に繋ぐと片方のみの音が出力されます」だ、モノラルアンプって書いとけばそれで済むんだろってんの!!
(本当に悪いのは気付かなかったこのおれです)


分解する
DSCN1403.jpg
どうせステレオじゃ使えないけど、一応分解した。
裏のネジを外し、表ブタを取っ払ったところ。
なんだかハンダ付けした周りのとこ熱で溶けてるんだが…。


表回路
DSCN1406.jpg
管理人は電気回路については全く無知なのでパス。
分かる人は何か面白いものでもあるのかな?

載ってるアンプはアップしてもらうと分かるけど「TDA2822M」と書かれてある。
ググルと管理人が購入したコレと似たような100均アンプが出てくる…
なんかこのアンプがaudio-technicaのヘッドホンアンプに使われている奴の模倣品??らしい。
詳しくはコチラ様のHPで。


電池を入れる
DSCN1409.jpg
そして実際に聴いてみたが…なんかバックノイズが聴こえる。
いや、そんなに酷くないけどラジオみたいな感じにサーサーホワイトノイズが聴こえちゃうのね…。
音の変化はというと片耳だから分かりにくいんだけど、低音が元気になったかな~ぐらい。
アンプとしては意外にも力強くて、イヤホンを破壊出来そうなぐらいに音量を上げることも出来る!
これは製品としては十分実用的だと思う。
ただしモノラルだけど…。


最強コンボ
DSCN1412.jpg
左のスピーカーも一緒に買ったモノラルスピーカー。
コチラももちろん100円だから、二つ合わせて200円の国内最安スピーカーシステム。
音はというと、アンプのお陰で力強い低音を再生!・・・な分けなくて、シャカシャカポカポカしたレンジの狭ーい貧弱な音・・・。
しかし、70年代のロックとかなら案外愉快に聴けて楽しい。
まあ音楽なんて楽しめたらそれで良いんでね?
この貧相さもなんか良いね。



[ 2011/12/27 18:11 ] その他ヘッドホン | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。