糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HFI-580エージング中(2)

まあエージング(鳴らし込み)中のHFI-580聴いたら音の変化してること。

打撃音の音像定位が良くなってくるのが分かるね。
センターフォーカス?というのか、中央の音像定位がピシャッと定まるようになってるね、最初の頃に比べると。

低域がスムーズに出るようになってくるからか、なんだか低域の癖も明瞭になってくるような感じがする。
HFI-580の場合ロー・ローミッドバランスが明らかにロー寄りであって、重心が寄りすぎで音場に浮かんでいるような鳴り方をする。
中低域が凹んでるからだろうが、これも780と同じく、締まり感は非常に強いが抱擁感が無く、なんだか素っ気無い、ともすれば貧相な音にも感じられる。
音の分離感は非常に良い。

鳴らしこめば鳴らしこむほど、これまでのゾネホンで感じたような音の不自然さがジワリジワリと出てくる感じがするのが恐ろしい・・・。
悪いヘッドホンではないのが、やっぱり普通のヘッドホンではないなゾネホンは。


[ 2012/01/19 14:42 ] ULTRASONE HFI-580 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。