糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘッドホンの評価について

画期的なヘッドホンの評価方法を発案した。
題して独居津式解像度・安定度二次元評価法である!(恥)

ヘッドホンは解像度と安定度をもとに、10段階ぐらいで評価すると良いのではないかと思う。
その際、ヘッドホンの周波数特性=音色(おんしょく)は全く考慮してはならない。
音色なんて好みの問題に過ぎないと考えるから。
イコライザで弄れるし。

あくまでも解像度をメインとして、それに安定感(高周波での振幅の歪み無さ)をセットにして二次元で評価するのが良いだろうと思う。

評価は、「スンばらすぃ!(S)」「良い(A)」「フツー(B)」「悪い(C)」「話になりましぇん(D)」と。

Sは5点Aは4点Bは3点Cは2点Dは1点として解像度、安定感の二つにそれぞれ評価して、合計点を換算する。

解像度がSクラス、安定感がAなら、5+4で9点という風にして。
横に評価の内容として"SA"と書くとそのヘッドホンがどういう傾向によって評価されているのか分かるという仕掛け。

例えばHD650なんかだと、おれ的には安定感はバツグンなんだけど、もう少し解像度が欲しいかなと思うので評価は「9AS」となる。
あくまでもクラス9ということである。

この前eイヤホン行った際に聴いたゾネのSignaturePROなんてのは解像度・安定感共に非常に良かったから、ああいうヘッドホンは「10SS」(クラス10)で評価出来るかと。

K240MKIIなんかは「8AA」、ベイヤーDTシリーズは「8SB」ないし「9SA」。
他にはこの前買ったHFI-580なんかだと、せいぜい「5BC」(クラス5)ぐらいか。

まあこんな具合に。

音色(おんしょく)的な好みや、微妙な"ねいろ"などは全く考慮しないから、客観的ではあるのが自分の気持ちが許さないということが出てきそう。
しかし、出来るだけ冷静に性能を評価しようと思ったらこうするしかないでしょ。
昔の管理人みたいに音色の好み度に点数つけてても価値が分からない。(自省)

以下、グラフを作ってヘッドホン毎にプロットしてみた。

seinouhyou-ns2
おれが適当かつ勝手につけた評価だから、「おい、ソコおかしいだろ?」とか言われても困る。
空いてる所は思いつかなかった。
因みにE9なんか聴いたことないっす(笑)

勘違いしないで欲しいのは高解像度のところにシャリッ気の強いヘッドホンが来ているが、これは解像度が高い=高域が出るとか初心者みたいに勘違いしてる訳でない。
振動板が軽く、フリーでああるほど、微細な音も拾い易いが高域のシャリ付きも酷くなるという因果の結果か。
そうなったんだから仕方無い。
解像度と安定感のバランスが良くないと10SSの評価はやれない!


以上。


[ 2012/02/13 19:42 ] 糞耳的ヘッドホン解釈 その他 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。