糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エージングでK240MKIIの解像度が上がった!

K240について。

そのままだと低音がユルリ~ユルリ~ララ~♪って感じで貧相な音だったのが、改造して重量を上げていた。
お陰で非常に締まりのある音になって満足していたがそいつをさらに爆音でエージングしてみた。

…したら、なんとまあ解像度の高くなったことか!
なんだろう、今まで聴いたヘッドホンで間違いなく一番解像度が高かった。
尋常じゃないぐらいステレオ音場が広い!
笑っちゃうぐらい音の分離が良くてシェー!って感じ。
音の余韻がビックリするぐらい長い!
そして音が滑らか過ぎて元から美しかった弦楽器がもうスルスル~って感じに聴こえるのね!

…でもね、どうしたことか、エージングから下ろしてから10時間ぐらい経ったところで解像度が明らかに低下して来て、ほぼ元の解像度に戻っちゃったのね…。
そんなことがあって良いものか?と訊かれても実際にそうなったんだから仕方無い。
今聞いても元の解像度よりも若干高いぐらいで、あの下ろし立ての異常な解像感は感じられない。
あれは一体なんだったのかと、夢でも思い出すような気持ち。

AKGのK100/200シリーズは振動板周りの組成が良いから、もっと良い音が鳴っても良いだろうと思っていたら、案の定デキルね。この子は。
危険覚悟で爆音でやったからか、今まで聴いてきた機種のなかで一番エージング効果を感じた。

しかし、解像度が変動すると感じたのは始めてだった。
もう一度鳴らしてやったらまた解像度が上がるかもしれないが、あんまり負担をかけたくないから、取り合えずそのまま聴いてる。

う~んこのシリーズはやっぱり捨てがたいニャ~

[ 2012/03/20 18:11 ] AKG K240MKII ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。