糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKG K240MKII レビュー

AKG K240MKII レビュー記事。


''THE DRY SOUND''


AKG K240MKII (黒くなったボツ画像)
DSCN1031.jpg
AKGのこのシリーズは三本目か。
ドライバユニットは同じでハウジングの構造が違うだけなのが、それが非常に音に影響を与えているというのが、管理人的に非常にオモスィロイ。



●解像度

解像度 低 - - - ○ - 高

原則ドライバユニットが同じなので解像度はシリーズで共通のはず。
つまり、極端に高いって感じではないが、高い方だと感じる。
ヌルさや解像度濁りは全く感じない。
しかし、beyerdynamicのDTシリーズとかのが、全域的に解像度が僅かに勝っている気がする。



●定位

音像隔度 低 - - - - ○ 高

小口径の為、定位がかなり良い。
一聴して、音像の分離が良いのが分かる。
この点でこのシリーズは他社に圧勝している感じ。
音像がスマートで位置関係がなかなかとりやすい。

ただ、やはりもっと小口径なインナーイヤーやBAの音像の横幅に比べると少し膨らみがある感じ。
メジャーな40ミリとインナーイヤーを結ぶ直線上の中間点よりすこし左寄りというところか。



●音色

音色鮮度 低 - - ○ - - 高
音色明度 低 - - ○ - - 高
音色暈度 低 - - ○ - - 高
音色重度 低 - - ○ - - 高

かなりフラットなのが、僅かにローミッド(200Hz~1kHz)に膨らみがある感じ。
少し打撃音像が膨らむ印象がある。
それでも、今まで聴いてきたヘッドホンのなかでは極めてフラットな部類。
中域のフラットさという点ではK271MKIIやK272HDのが勝ってるか。
ただ200Hz以下の低域でK271などは死に体で、全域的なフラット感覚はK240の方が高いと感じるかもしれない。
全域的にかなりフラットでピークを感じ難い。
イコライザなしでも比較的違和感なく聴ける。



●イコライザ追従性

低域 低 - - ○ - - 高
高域 低 - - - ○ - 高

重低音は無理なのが、低域は思ったよりも盛ることが出来る。
大振幅時の歪みが少なく、引き込みが早い感じで、なかなか切れが良い低音を鳴らすことが出来る。

高域側は残念ながら期待したよりは割れ易かった。
塩を振ろうと思って、ハイ上げすると10kHz前後で直ちに刺さりが起こる。
それでも他メーカーの他機種に比べると起こりにくい。



●まとめ
音の分離は良いんだけど、僅かに若干ローミッド寄りであり、音像が僅かに膨らむ傾向がある。
この辺が初心者は解像度の低さだと勘違いして、高評価を拒むのではないかという気がする。
イコライザで補正かけるとかなり良い具合に鳴るはず。

バッフルポートが適度に聴いているらしく、音の広がり感程良い。
一方で、素のままではすこしサッパリし過ぎな乾いた音にも感じがち。
100Hz前後や以下で少し肉をつけてやらないと、リスニング用としては無味乾燥な音。

イコライザ無しでも比較的聞けると書いたが、イコライザなしで態々この音で聴きたいと思う人はいないんじゃないかと。
この型としては定位が非常に良いのでやはり、リスニング用途よりは音楽制作向けの機種であると感じる。
初心者はちょっと選択しない方がいい。
が、個人的に非常に素直な音調で癖が無く、好みなタイプ。




(購入店・スペック詳細)


サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>ヘッドホン>開放型ヘッドホン>AKG ( アーカーゲー ) /K240MKII
サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>ヘッドホン>開放型ヘッドホン>AKG ( アーカーゲー ) /K240MKII

≪製品特徴≫
旧モデルからダイアフラム&ハウジングの材質を見直すことにより、低域の締りと全体のバランスや明瞭度が向上。世界中のレコーディングスタジオ、放送局で長く愛用され続けている本製品は、リスニング用としても高い次元のサウンドを表現してくれます。

≪製品仕様≫
■ヘッドホン
■セミオープン
■再生周波数特性:15~25,000Hz
■インピーダンス:55ohm
■感度:91dB/mW
■ケーブル:3m single-sided / 5m coiled cable(引き伸ばし時最大)
・着脱可能
■変換プラグ付属
■重量:約240g

※現在価格・在庫はコチラで確認できます。

[ 2011/08/10 23:12 ] AKG K240MKII ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)

K240のエイジング中止

今で100時間ぐらいたったか?

ダンステクノ聴いて確認してるのが、やはりというか高域の割れが少し出てきた気がする。
K272HDも鳴らし込んでいくと高域が刺さり易くなったことがあって、今回は余り音量を上げなかったのにやはり同じような印象。

恐らく、振動板の可動が柔らかくなるから???か、音が滑らかなんだけど、高周波の音割れが発生し易くなってる。

それでも同じ30ミリの平滑振動板のDT100よりは高域の歪みが明らかに少ない。
解像度はDT100の方が正直言って高いが、音の歪みが少ない感じで管理人はコチラの方が好み。


これ以上鳴らしても悪い印象が増えてきそうなので100時間で切り上げにしようと思う。
[ 2011/08/07 19:18 ] AKG K240MKII ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)

AKG K240MKII 写真記事(2)

写真記事の続き。

分解方法を見つけるのに少し梃子摺った。
当機はバッフルの方からではなく、ハウジング側から分解する必要があるが、以下手順。


まずはイヤパッド嵌めるところ良く見ると色が違うのでココにマイナスドライバを突っ込んで開いて行く。
接着剤は使っておらず、パカッと取れる
DSCN1089_20110803220224.jpg
これでハウジングからバッフルが分離!・・・と思ったらこうなるだけ↓
DSCN1090_20110803220223.jpg

で、続いてハウジングの中央のシールを引っぺがす。
DSCN1079.jpg
引っぺがしたところにあるネジを二本外し、さらにその下にあるネジも外したのがこれ↓
DSCN1085.jpg
ちなみに写真で先のハウジングの青いリングが外れて無いのは記事編集上の都合。
分解するなら、先にリングを外してから上のようにネジを外すべし。
で、この状態でハウジングの銀色の部分を摘んで外側へ引くとハウジングとバッフルが分離する
しかし、バンドから伸びる導線の長さが短く、十分に分離できない。
DSCN1104.jpg
これが限界。。

上から垂れているのはハウジング・ポートから見える黒いメッシュ。
何故かこれ、接着されておらず、垂れてきた。

UFOキャッチャーのような部品は円上のパーツを挟んでおり、ハウジングの角度を調整する。
中央の孔を通る導線は端子のところでクロスされているのが、メーカーのドキュメントに態々こうするように指示されているのが何でだろう??

http://www.akg.com/mediendatenbank2/psfile/datei/17/k240mkII480ee87ea3594.pdf

バッフル側。
DSCN1115.jpg
裏から見ると分かるが、ユニットの周りにバッフルポートは計六つ。
バッフルを正面からみると孔が八つあるように見えるが、ポート上下二つはハウジング側から中央の円形部品にに伸びる支持アームだった。




まとめ
DSCN1113.jpg
なんだか妙に分解し辛い機種。
内部にある円形パーツの丸い突起だけでハウジングを支えつつ角度を変えているらしく、業務用の割に結構華奢なツクリであるといえる。
ハウジングを強く抑えたりすると突起が折れそう。

ハウジングのサイズに比して小さすぎるともいえる振動板ユニットはかなり出来がいい。
非常に歪みの少ない音を鳴らせそうな素晴らしいモノだと思う・・・。
管理人にとって満足な分解だった。


現在エージングしているのが、振動板を見る限りあまり音の変化は出なさそう。
が、とりあえず200時間がポリシーなのでレビューは後で・・・。



(購入店・スペック詳細)


サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>ヘッドホン>開放型ヘッドホン>AKG ( アーカーゲー ) /K240MKII
サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>ヘッドホン>開放型ヘッドホン>AKG ( アーカーゲー ) /K240MKII

≪製品特徴≫
旧モデルからダイアフラム&ハウジングの材質を見直すことにより、低域の締りと全体のバランスや明瞭度が向上。世界中のレコーディングスタジオ、放送局で長く愛用され続けている本製品は、リスニング用としても高い次元のサウンドを表現してくれます。

≪製品仕様≫
■ヘッドホン
■セミオープン
■再生周波数特性:15~25,000Hz
■インピーダンス:55ohm
■感度:91dB/mW
■ケーブル:3m single-sided / 5m coiled cable(引き伸ばし時最大)
・着脱可能
■変換プラグ付属
■重量:約240g

※現在価格・在庫はコチラで確認できます。
[ 2011/08/03 22:44 ] AKG K240MKII ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)

AKG K240MKII 写真記事

AKG K240MKII 写真記事。

もう直ぐ試験だっつーのに気を許して購入しちゃったにゃ(笑)


『AKG K240MKII』
AKG_K240MKII.jpg
ホントは240シリーズの最新型、K242HDが欲しかった。
ところが、サウンドハウスさんがユーロ安なのに値下げしてくれないので、コチラのほうが圧倒的に安く、購入することにした。
当機はヘッドバンドのシールみても「Made in China (P.R.C)」て書いてあり、値段が安いのはそのせいかとも。
もしかしたら、K242HDはオーストリア製のままかも知れない。(※米アマゾンのレビューによると同じく中国製になっているらしい)
中国製のヘッドホンに何度か痛い目にあったことがあるのでちょっと不安。
値下げ待って、色もカジュアルな242HDの方が良かったかもと後悔してる。

そのMKIIの写真記事。


『ハウジング』
DSCN1045.jpg
ハウジング・デザインがリボルバーのシリンダーのよう。
孔の裏から黒いメッシュが貼られているいるのが・・・?上の孔のメッシュちょっと外れてんじゃねーかよ!(管理人ブチ切れ状態)


『コネクター部』
DSCN1049.jpg
ミニキャノンコネクター。
ロック機構付いてるのがウリなんだろうけどミニフォンねじ込み式でも良くない?
着脱はそんなに固くもない。
プラグがデカイので外し易い。


『ヘッドバンド』
DSCN1062.jpg
二本のパイプが頭上へ向かって開く形。
挟力は普通。
頭頂部に当たるパッドは面積がかなり広く痛くなる人はまずいないと思う。


『アジャスター(設計ミス)』
DSCN1050(2).jpg
DSCN1051(2).jpg
なんてこった。
K240MKIIは他のK270とかよりも、ハウジング自体がノッペリしていてハウジングのシルバーリング(?)がバンドのバーツに接触している。
お陰でバンドが一センチ近く少し伸びたままでつっかえることになる。
少しハウジングを傾けてやると、根元まで戻るのが、外すと下の写真のようにボタンの部分がハウジングに擦れて削れる・・・。
これってどうやねん?
どうでもいいけど、設計ミスではないかと思う。


『イヤパッド』
DSCN1065.jpg
DSCN1066.jpg
皮パッドとベロア調パッドがつく。
ベロアの方が開口部直径が狭く、耳の大きい管理人では耳のせのようになるので、皮パッドを使うことに。
皮パッドはよーく見ると作りがかなり雑で切れ端が残っていたりハウジングに引っ掛ける部分の幅が結構バラついていたりするのが悲しい。
ベロアな何故か知らないのが、K272HDについていたもとと明らかに違っていて、クッション性が高くフカフカになっている。
揉むと272HDのベロアはティッシュつめたようなガサガサした感じだったのに対して、これはスポンジが入ってるらしい。

サイズは10センチ真円形のベイヤーパッドに比べると少し大きく、11センチ?ぐらい。


『バッフル』(失敗・・・暗い)
DSCN1071.jpg
元祖Sextettのパッシブラジエーターの名残かしら?
ハウジングと同じくポートが八つ。

ここで管理人の仮説なのが、開放型の場合のバッフルポートを設けることの意味はなにかというと、ポートを設けないと背面に放射される音を耳は検知できなくなり、音場の広がり感じることができなくなる。
だから開放型でバッフルポートを持たない機種は音の広がり感がない。
PRO4AAATや、HFI-2400を聴いて「そうらしい」と学んだこと。

また、どうもポートの配置が音場の広がる方向を定義するらしく、これが面積的に縦長で有ったり(HD650)するのはもしかすると音場の広がり不自然になる・・・かもしれない。
だからポートはこの写真ように振動板に対して放射状に配置されるほうが望ましいということになる。


『振動板』
DSCN1073_20110801173538.jpg
ん~暗い・・・直径30ミリ。
内と外で振動板の厚さが違うらしい。
外延部には溝が設けてあって、振動板中央を押さえ込むような形なっている。
またアップでみてもらえれば分かるのが、コイルワイヤーの引き方が独特。


『"Capsule XXL"ドライバの断面』
K240_dannmen.jpg
台座上の二箇所からそれぞれ+-側のコイルイヤーを引き出すようになっている。
ワイヤーは非接着で振動板の裏に浮かんでいる。
それがハウジングの外側からではなく、台座とマグネットを貫通して裏へ回ってるらしい?
ボイスコイルの二箇所からワイヤーを引くことで重量傾斜を抑え、振幅の歪みを抑えているらしい。
同社のK50、K701なんかも両だしコイルワイヤーだった気がする。
しかしスンゲエ神経質な作り。。



そして見るからに定位の良さそうなこの振動板、実際にK240MKIIは素晴らしい音を鳴らす!



(記事も長くなってきたし、独りでブツブツやってるのに疲れてきたのでこの辺で一旦切ろうとと思う・・・次は分解写真)



(購入店・スペック詳細)


サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>ヘッドホン>開放型ヘッドホン>AKG ( アーカーゲー ) /K240MKII
サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>ヘッドホン>開放型ヘッドホン>AKG ( アーカーゲー ) /K240MKII

≪製品特徴≫
旧モデルからダイアフラム&ハウジングの材質を見直すことにより、低域の締りと全体のバランスや明瞭度が向上。世界中のレコーディングスタジオ、放送局で長く愛用され続けている本製品は、リスニング用としても高い次元のサウンドを表現してくれます。

≪製品仕様≫
■ヘッドホン
■セミオープン
■再生周波数特性:15~25,000Hz
■インピーダンス:55ohm
■感度:91dB/mW
■ケーブル:3m single-sided / 5m coiled cable(引き伸ばし時最大)
・着脱可能
■変換プラグ付属
■重量:約240g

※現在価格・在庫はコチラで確認できます。



[ 2011/08/01 17:57 ] AKG K240MKII ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)

AKG K272HD 写真

AKG K272HD 写真記事。


『AKG K272HD』
AKG_K272HD.jpg
AKG_K272HD(2).jpg
カメラ(携帯)のせいで、変にセピアがかった色合いになってしまった。
現物はもう少し緑っぽい、172HDのところに書いたように「オリーブドラブ」色。
スタジオヘッドホンらしくない色と言えば確かに。



『ハウジング』
CA3C0111_20100705191359.jpg
なんかアブナそう。
地面に転がっていたら地雷かなにかにしか見えない。
中央の凸部が信管のようにみえて妙にリアル。



『バンド』
CA3C0113.jpg
二本のパイプで挟む。
K172HDはパッドが小さく、側圧は強めに感じたが、K272HDはパッドの面積が広いため挟圧が分散されて適度に感じる。



『アジャスター』
CA3C0112.jpg
バンドを目いっぱい引いたところ。
写真ではゴムは1本しか写っていないが、奥にももう1本あって、二本でヘッドバンドを引っ張っている。
ゴムの伸び幅が小さく、合わない人も出てきそうなぐらい。



『パッド』
CA3C0114_20100705205150.jpg
直径10センチ。
表はベロアー調だが、裏は固くスベスベ。
音を吸収しないようになっているよう。

中のクッションは紙くずを詰め込んだような感触で、正直好きでない。
押すとカサカサする。



『パッドを外したところ』
CA3C0115.jpg
フィルターはバッフルの中央に両面テープで貼り付けられている。
CA3C0116.jpg
フィルターをめくると得意なカタチをした振動版が顔を覗かせる。
小さく見えるが、実際に小さく、直径僅か30ミリ程度のもの。
K172HDのものと同じ。
AKG名物「バリモーション・システム」だとかで、振動版中央部分とコイルの円外では厚みが違うらしい。



『分解・・・・』
CA3C0122.jpg
出来ない・・・。
バッフルのネジ三本外してカップから切り離そうとしたが写真のように・・・。
内部で導線が張って、これ以上離れない。
かなりゆとりの無い配線をしている模様。(先のK172ではこんなこと無かったのに)

因みにこの中について、K172HDでは中には吸音材なども無く、フツーにプラスチックで囲われた空間があっただけ。
カップは二重になっていて、外から見えるのは外殻部。
中にもう一枚プラスチックのカップがあるはず。



『ヘッドバンド根元の分解』
CA3C0118_20100705210904.jpg
構造的にここに何かあるに違いないと、ハウジングの『AKG』シールを引っぺがす。
案の定ネジが有ったのでそれを外したのが上の図。
『アップ』
CA3C0120.jpg
ゴチャゴチャになってて、理解するまでに時間がかかった。
始め見たとき、右下の寄ってる導線の先が接続してないのを見て、また「やってしまった」のかと思った。
しかし良く見るとこれはケーブルの線と、ハウジングから伸ばした線をここで繋いでいるらしい。
でも何でこんなところで??
ケーブルから直接ユニットに繋げば良いものを。

ところでこの剥き出しの部分(黄と赤の線の先)、このままではバンドの端子とショートする恐れがある。
実際ショートさせると音が出なくなった。
そんなわけで、ゴムキャップを被せておいた。
CA3C0121_20100705210902.jpg
これでOK。
しかし、メーカーはこんな危なっかしい配線で良くも許せるもの。
ヘタしたらこれが為に音が出なくなるのに。
購入した人がいれば、この処置はしておいた方が良いかも?




(スペック詳細/購入店リンク)


サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>密閉型>AKG ( アーカーゲー )>K272HD

AKG ( アーカーゲー ) / K172HD
AKG ( アーカーゲー ) / K272HDAKG ( アーカーゲー ) / K272HD
≪特徴≫
密閉型の最上位モデル。AKG独自のバリモーションシステム採用により、超低域から超高域までスムーズに再生。鮮明且つ立体感のあるサウンドでモニターヘッドフォンとして高い信頼性を誇ります。ベルベット調のソフトなイヤーパッドを採用したユニット部の装着感も良く、長時間のリスニングも快適。

≪仕様≫
■ヘッドホン
■形式:密閉型
■再生周波数特性:18~26,000Hz
■感度:94dB
■許容入力:200mW
■インピーダンス:55ohm
■入力プラグ:6.3mm/3.5mm ステレオプラグ
*φ3.5→φ6.3変換プラグ付属
■ケーブル長:3m
■重量:200g

※現在価格/在庫はコチラでご確認ください。
[ 2010/07/05 19:13 ] AKG K272HD ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。