糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘッドホンの評価について

画期的なヘッドホンの評価方法を発案した。
題して独居津式解像度・安定度二次元評価法である!(恥)

ヘッドホンは解像度と安定度をもとに、10段階ぐらいで評価すると良いのではないかと思う。
その際、ヘッドホンの周波数特性=音色(おんしょく)は全く考慮してはならない。
音色なんて好みの問題に過ぎないと考えるから。
イコライザで弄れるし。

あくまでも解像度をメインとして、それに安定感(高周波での振幅の歪み無さ)をセットにして二次元で評価するのが良いだろうと思う。

評価は、「スンばらすぃ!(S)」「良い(A)」「フツー(B)」「悪い(C)」「話になりましぇん(D)」と。

Sは5点Aは4点Bは3点Cは2点Dは1点として解像度、安定感の二つにそれぞれ評価して、合計点を換算する。

解像度がSクラス、安定感がAなら、5+4で9点という風にして。
横に評価の内容として"SA"と書くとそのヘッドホンがどういう傾向によって評価されているのか分かるという仕掛け。

例えばHD650なんかだと、おれ的には安定感はバツグンなんだけど、もう少し解像度が欲しいかなと思うので評価は「9AS」となる。
あくまでもクラス9ということである。

この前eイヤホン行った際に聴いたゾネのSignaturePROなんてのは解像度・安定感共に非常に良かったから、ああいうヘッドホンは「10SS」(クラス10)で評価出来るかと。

K240MKIIなんかは「8AA」、ベイヤーDTシリーズは「8SB」ないし「9SA」。
他にはこの前買ったHFI-580なんかだと、せいぜい「5BC」(クラス5)ぐらいか。

まあこんな具合に。

音色(おんしょく)的な好みや、微妙な"ねいろ"などは全く考慮しないから、客観的ではあるのが自分の気持ちが許さないということが出てきそう。
しかし、出来るだけ冷静に性能を評価しようと思ったらこうするしかないでしょ。
昔の管理人みたいに音色の好み度に点数つけてても価値が分からない。(自省)

以下、グラフを作ってヘッドホン毎にプロットしてみた。

seinouhyou-ns2
おれが適当かつ勝手につけた評価だから、「おい、ソコおかしいだろ?」とか言われても困る。
空いてる所は思いつかなかった。
因みにE9なんか聴いたことないっす(笑)

勘違いしないで欲しいのは高解像度のところにシャリッ気の強いヘッドホンが来ているが、これは解像度が高い=高域が出るとか初心者みたいに勘違いしてる訳でない。
振動板が軽く、フリーでああるほど、微細な音も拾い易いが高域のシャリ付きも酷くなるという因果の結果か。
そうなったんだから仕方無い。
解像度と安定感のバランスが良くないと10SSの評価はやれない!


以上。


[ 2012/02/13 19:42 ] 糞耳的ヘッドホン解釈 その他 | TB(0) | CM(-)

独言 2011/02/11

HD25Amperior(アンペリオル)は必ず購入すます。

だってアレ、設計したのおれじゃねーかってぐらい、おれ好みの構造してるもん。
小口径、コイルワイヤー非接着Duofolダイアフラム、高剛性ハウジング、ベロアパッド、バッフルの構造、うんぬん…。
管理人がこれまでの浅い経験から汲んできた最良のモノが全てオールインワンしてる。
たぶん、アンペリオル買ったらこのブログ終るね。
だってアレ以上完成度の高いダイナミック型って想像できないもん、今のおれには。
それ以上に良いヘッドホンなんか現らわれないだろうから。
(旧HD25ですら、敬遠して来たというのに…)

¥50kでも安いぐらいだろうアレは。
スンゲェ期待してるからね!

アンペリオルに裏切られたらネヴァ川に飛び込んで死にます。


ヘッドホンメーカーの傾向と性能

こんなグラフを作ってみた。

makerplot.jpg
これは何かというとヘッドホンの対立する特性である解像度と安定感を両軸にとって、メーカーの傾向によって図中にプロットしたもの。
傾向がハッキリしないものや、管理人が聞いたことがないメーカーは図中にない。


縦軸の「解像度」は分かると思うのが、「安定感」とは何かというと、簡単に言うと高域側の荒れ具合のこと。
管理人は振動板の組成の問題だと考えているが、解像度を上げようとして振動板を薄くシンプルなデザイン(「平滑振動板」と管理人は勝手に呼んでる)にすると解像度は上がるが高域で分割振動を起こし易くなる。
逆に振動板を厚くして、sennheiserのDuofolダイアフラムのように多くの渦状の溝を入れる(渦状振動板)と、どうしても振幅に阻害が出て過渡特性が悪くなるのか、安定感はあるのだが解像度が上がりきらず「ヌルい」印象が出てくる。

こういう考えの上で、両立するのが難しいということでこの二つを性能指標としてみた。
車で言うと加速性能とステアリング性能みたいなモンか。
右上へ行くほど高性能(高解像度・高安定性)、左下ほど低解像度・低安定性)ということになる。

高域が荒っぽくなると、聴いた印象、不安的でどうも安心して聴き難い印象が出てくる。
図中左寄りにあるbeyerdyanmicやaudio-technicaのヘッドホンでは高域に荒っぽい印象がある機種が多い。
逆にsennheiserはどの機種を聞いても非常に安定感がある。
しかし、どうも管理人には少しヌルく感じる。(鳴らし切れてないだけかも)

解像度が最も高いのはbeyerdyanamicであると管理人は感じているので、最も図中上に書いた。
AKGやDENON、SONYは中庸という感じで、図の位置に固めて書いた。
気持ち、DENONが左上の位置にあるということは性能がなかなか良いと考えているから。

GRADOやKOSSは申し訳ないから書かない方が良いかと思ったが一応書いておいた。

このラインよりも下のヘッドホンが所謂安物。
解像度が悪くてモサモサしたヘッドホンとか、高域がやたらシャリシャリしたヘッドホンだとかがそれに当たる。
管理人が思うに、ヘッドホンの性能が高いというのは解像度と安定感が両立出来ているということだと思う。

人に拠ったら、安定感よりも高解像度で奥行き感のある音を好んだり、安定感のある音こそ定位感が良く良いと考える人がいたりするかもしれない。
管理人はというと昔はbeyerdynamicが一番良いかもとか思っていたのが、イコライザを使うようになってからはsennheiserが安定感があってよいかなと思ったりもする。(もっとも剛性が低いものが多いので…)


上の図は管理人の偏見まみれだけど、自分なりのものをイメージしてみるとヘッドホンを選ぶ際に参考になるかもしれない。



[ 2012/02/07 15:03 ] 糞耳的ヘッドホン解釈 その他 | TB(0) | CM(-)

独言 2011/02/02

イコライザの使い方知らない人が多すぎではないか。
なんか「イコライザで音が劣化するから俺、ノンイコライザ派」とか言ってる人たちがいるけど、それって98パーセント誤解ではないかと思う。

イコライザで音が悪くなるとしたら、それはたぶん振動板について理解せずに出鱈目に弄った結果、振幅に歪みが生じて間接的に音が悪くなるというのが真実だと思う。
余程耳が良いのでない限り、直接的な音の劣化など聞き分けられる訳がないと思う。


管理人の経験上ダイナミック型の場合、低域のイコライザ耐性が非常に強く、幾ら叩き上げてやっても全く割れない。
「全く」というのは言い過ぎかもしれないけど、少なくとも非常に耐性が強いというのが聴いて分かる。
イコライザで跳ね上げてやっても歪みっぽくなることはなかなかない。

ところが、高域は大体割れ易い。
元から割れ易い高域をイコライザでヘタクソに上げたりすると、ノイズみたいなシャカシャカした音になってしまう。
ダイナミック型ヘッドホンでは高域以上は弄らない方が良いかもしれない。

また考えないといけないのは、ダイナミック型ヘッドホンにはイコライザ追従性の悪いものとそうでないものがあるらしいということ。
それは振動板の口径とか、素材とか、厚みとかによるものらしいのが、耐性の良いものでは高域でも音が歪み難い。

例えばゼンハイザーなんてのは非常にイコライザ追従性がよくて、高域をかなり跳ね上げてやっても音が割れない。
そういうイコライザ耐性の良いヘッドホンといのは元から定位が良い。
中域音像からして定位がよく、一聴して安定感がある音という印象が強い感じ。
このタイプではイコライザで高域を若干弄ってやっても音が歪み難いので、積極的にイコライザを使うことが出来る。

それと逆に、もとから高域が歪みっぽい印象のヘッドホンではイコライザを少し弄るだけで定位が狂って、ノイジーな音になってしまう。
特に大口径で多いのが、こういうタイプの機種はそもそもイコライザは使わない前提で購入しないといけない。
耐性の強い機種では「イコライザでなんとかなるかな~?」ってのがあるが。。
管理人の場合、50㎜とかならせいぜい500Hz以下で低域の重心を整えるとかそれぐらいしかしないことにしている。


またここでバランスド・アーマチュア・ドライバというのがあって、BA型の場合ダイナミック型とは逆に低域の方が割れ易くなる。
例えばEtymoのER4シリーズなんかでイコライザで低域を上げようとすると音がバスバスした空気の抜けた感じの音になる。
これはデュアルウーハーとかならば殆ど気にならないが、シングルBAの小さいBAユニットを用いたモデルなんかでは結構感じるような気がする。

全体的な感じだとBA型はダイナミック型よりもイコライザ耐性は強い感じはする。(ただし低域はイヤーピースに頼っている限り。)
高域が出ないと言われるBA型なのが、イコライザで上げても割れ難く、そこそこの高域までなら十分に補正が効くように感じる。
試してもらえれば分かるのが、ダイナミック型と違ってイコライザで無理に跳ね上げてやっても定位が狂わず、刺さるものの音像に実体感がともなって聴こえる。
ダイナミック型のようにノイジーにならない。
イコライザに強い、その辺がBA型の強さかなと思ったりする。


なんか、管理人かて全く理解してる訳ではないのが、機種によって「イコライザ追従性」といのは違うからその辺理解して使わないとダメだと思う。



独言 2011/01/31

メンドクサイにゃー!

音場とクロストークについて書こうと思ったけどやっぱり止めておくか。

管理人のような文系が下手なこと書くべきでないかな。

・・ったく猫みたいな人間にブログが出来るわけねーだろー。

まったく。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。